ビューティコラム#169 バチッ! 静電気の季節に知っておきたい予防法☆

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.12.16

ビューティコラム

バチバチthunder 

い、いたたたたっ...sweat01wobbly

冬になると自然発生するのが静電気。 

髪の毛や頭皮にとっては、ダメージにもなってしまいますbearingdash

今回は、気になる静電気のメカニズムとその予防策を学んでいきますよflair

1)  静電気のメカニズム

繊維、物質には、そのモノが帯びやすい +、 - があります。 

【+】
↑ 
毛皮、髪の毛
ウール
ナイロン

コットン
人の皮膚
ポリエステル
アクリル

【-】

静電気は、2つの物質が摩擦し、発生した電気が行き場の無い状態になり、+や-になって

帯電するコト...... うーん難しいbearing


かなり大雑把にまとめてしまうと、プラスと マイナスがかけ離れた物質の摩擦で

あればあるほど、静電気が起きやすくなってしまうという訳なんですflair


例えば...
ウールのアウターを着るなら、ナイロン系のインナーを選び、
コートの素材がアクリルなら、マイナスを帯びやすいポリエステルを選ぶほうがよいでしょうshine

椿.jpg

 

2)shine椿油を活用するshine

椿油には、酸化しにくいオレイン酸が多く含まれています。

髪表面になじませることで、キューティクルが剥がれるのを防ぎ、髪の水分を

閉じ込めてくれますshine

また、クシもポリエステルなどではなく木製のタイプを選ぶとよいでしょうup

椿2.jpg

3)  加湿を心がける

静電気は、湿度が35%以下になると発生しやすくなると言われていますshine

なるほどsign01 冬に起きやすいのも納得です。  

部屋に数台の加湿器を準備しましょう。 理想の湿度は50~60%です。

体や衣類にたまっている静電気が、水分によって空気中に自然と放電されるのだそうですよshine

肌の保湿にもなって一石二鳥ですねhappy01


静電気が起きると、ヘアダメージはもちろん、気分的にもイヤなもの。

上手に予防して、冬を乗り越えましょうup


次の記事を見る

前の記事を見る

ヴィーナスモデルオーディション

資料請求はこちらから

美意識チェック

ヴィーナスアカデミー高等部

BLOG キャンパスライフブログ

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加