ご卒業おめでとう♥平成28年度卒業・修了式をレポート!
卒業生&在校生インタビューもお届け♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.03.31東京

スタッフブログイベント

 

3月15日

 

文京区シビックホールにて平成28年度卒業修了式が挙行されました

今回は、晴れやかな式の模様をお届けします

2017_0315_0003.jpg

 

まず、代表 石川広己より祝辞が述べられました

2017_0315_0198.jpg

「卒業生の皆さん、ご列席の保護者の皆さん、ご卒業おめでとうございます

 心よりお祝い申し上げます

 学生生活、一年、ニ年、三年と過ごされたわけですが、いかがだったでしょうか

 あっという間だったと思います

 共に泣き、笑い、切磋琢磨した皆さんが4月から別の人生を歩み始めていくことと思います

 今回は、働く意味などを考えながらお話したいと思います

 3月11日で東日本大震災からまる6年を迎えます

 29兆円の復興費には、財源が使われています

 これから、皆さんはそれぞれの働きから報酬を得て税金を払うことになります

 国税と地方税がどのように使われているのかに意識をもち、どのような社会を目指すべきかを考えて欲しいと思います

 ここからが本題です

 今、社会は大きく変化をしています

 SNSが発達し、シェアリングエコノミーという考え方も定着してきました

 人工知能が、私たちに最適なものやサービスを提供してくれるようになるでしょう

 これから、生活形態、働き方、生き方が変わります

 これは驚異です

 便利になりますが、人工知能が職種や労働力を奪ってしまうのではないかということも危惧されています

 では、働き方はどう変わるでしょうか

 資質や能力に対して報酬が払われ、プロジェクトごとに仕事をする時代、よりフラットな社会になるでしょう

 世界中の人と仕事ができ、評価が上がれば自分で仕事を選べるようになります

 能力さえあれば、いつでも、どこでも、どんなときも仕事ができます

 生活と仕事の『ワークライフバランス』も選べるようになるでしょう

 個として、自分自身の実績に対していかに能力を上げていくかが問われます

 もうひとつの視点からみると、人生は100歳時代です

 60歳あるいは、老後も支えられるような働き方をしなくてはなりません

 重要になるのは『アイデンティティ』です

 自分としての一貫性など自分がどういう生き方をしたいのか、人生をどうとらえ、何を考え、どう社会とマッチングさせていくか

 自由度が高いなかで考えられるストーリーや選択肢が多々あると思います

 どんなときも、周りの人たちと関係性を築きながら、他に流されることなく自分の意志で未来を切り拓いていって欲しいと思います

 皆さんが本当の意味での幸せを手に入れることを祈願し、お祝いの言葉とさせていただきます

 改めて、ご卒業おめでとうございます

2017_0315_0201.jpg

 

続いて、皆勤賞の発表

61名の皆さんに送られましたおめでとうございます

2017_0315_0227.jpg

 

2017_0315_0231.jpg

 

そして、卒業証書授与

ヴィーナスアカデミーを代表して

ヴィーナスアカデミー ビューティスペシャリスト学部 ヘアメイク専攻

加藤かすみさんが登壇しました

2017_0315_0249.jpg

 

そして、実行委員による送辞と

各スクールの後輩たちによるオールバンタン「恋ダンス」ビデオが贈られました

2017_0315_0325.jpg

 

2017_0315_0333.jpg

 

答辞は、ヴィーナスアカデミー高等学院 百瀬 桃華さんです

2017_0315_0379.jpg

「寒さの厳しかった冬も終わり、

 本日は私たち卒業生のためにこのような式典を挙行してくださり、ありがとうございます

 卒業生一同を代表して、心から御礼申し上げます

 入学式では、このような大きな会場でドキドキしながら、

 女子校でやっていけるかどうか、専門の勉強と高校の勉強を両立できるかどうか、不安な気持ちでおりました

 1年生

 自己表現がうまくできず、富田先生にお叱りを受けて、

 将来のために今できることをしっかりやろうと思うことができました

 2年生

 エステの先生が厳しく指導していただき、エステの楽しさや面白さを教えていただきました

 そして、私の人生の方向性を向けていただきました

 あっという間に迎えた3年生

 就職活動に励み、エステサロンに内定をいただくことができました

 また、リアルウェディングという授業では司会を務めることができました

 卒展では一人ひとりの個性を活かして、試行錯誤を重ねてショーを作りあげました

 結果、バンタンの合同卒展に初出場で、ヴィーナス特別賞をいただくことができました

 終わった後は寂しさと達成感に満ちあふれていました

 個性が強く、仲間想いのみんなが、このクラスが大好きです

 最後になりましたが、担任の先生をはじめ、この学校に通わせてくれたお母さん、ありがとう

 今後は色々な経験を経て精進していきます

 卒業生を代表し、心から感謝を申し上げます

2017_0315_0376.jpg

 

卒業生代表による答辞が述べられると

フィナーレには、サプライズゲストとしてWHITE JAMのメンバーがバンタン生のために

お祝いに駆けつけてくれました

WHITEJAM (5).jpg

 

卒業ソングで人気の『咲かないで』の生歌を披露していただき、会場は大盛り上がり

WHITEJAM (2).jpg

 

WHITEJAM (3).jpg

 

WHITEJAM (4).jpg

 

感動して泣いてしまう卒業生も続出

さらに、WHITEJAMのヘアメイク担当でもあり、

バンタンの卒業生でもあるヘアメイクアップアーティストのHIKARUさんからも卒業生に向けて熱いエールを送っていただきました

こうして、たくさんの方々の祝福に包まれながら、バンタン卒業・修了式は幕を閉じました

 

WHITEJAM (1).jpg

 

でも、学生たちのテンションは最高潮

式後も、卒業の喜びを、友だちと、家族と一緒に分かち合っていましたよ

2017_0315_0542.jpg

 

そこで、学生たちをキャッチ&スナップ

これまでのヴィーナスアカデミー&ヴィーナスアカデミー高等学院での思い出を熱く語ってもらいました

 

ヴィーナスアカデミー中島 聖香さん

「NY研修です

 1週間ニューヨークでメイクを勉強しました

 私が担当したのは肌の黒いモデルさんで、

 どんなファンデーションを選べばいいのか、肌作りがとても難しかったのが印象に残っています

 今は、憧れていたM・A・Cで働いています

 ヴィーナスアカデミーは、とても楽しくて、まだ卒業したくありません(笑)」

2017_0315_0133.jpg

 

『MEGU TAGUCHI』デザイナーとしても活躍中のヴィーナスアカデミー田口めぐみさんは、

「講師も現役で活躍している人が多く、とても距離が近くて楽しかったです

 在学中は、講師の方のすすめで『Ocappa(オカッパ)』という雑誌の表紙に、作品を応募しました

 結果、自分の作った作品がノミネートされたことが、とても印象に残っています

 

ネイルアート専攻 鈴木萌さん

「ネイル検定が多くて、在学中からネイリストとしての自覚が芽生えました

 卒展では『Blissy』というトータルビューティサロンをオープンして、

 お客さまに施術ができたのがすごく楽しくて自信になりました

 2年間、とっても早かったです

2017_0315_0158.jpg

 

ヴィーナスアカデミー高等学院 ネイルアート専攻 高木 美波さん

「準備は本当に大変だったけれど……

 卒展でのショーがいちばん楽しかったです

 モデルとしてもランウェイを歩くことができました

 みんなで作ったから、いちばんの思い出です」とにっこり

2017_0315_0566.jpg

 

ヴィーナスアカデミーでの経験を活かして、これからも頑張っていってくださいね

スタッフ一同、皆さんの未来が、明るく素晴らしいものであることを心から願っております

次の記事を見る

前の記事を見る

ヴィーナスモデルオーディション

資料請求はこちらから

美意識チェック

ヴィーナスアカデミー高等部

BLOG キャンパスライフブログ

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加