アクセス

ビューティコラム#129 EAT more GREEN!! 緑の野菜を食べよう★

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013.03.29

ビューティコラム


春の息吹を感じる、今日この頃shineconfidentshine



春は、緑の野菜が旬を迎える季節です。 今、1番美味しいGREEN の野菜。
栄養とその美容効果が分かれば、もっと美味しくなるハズheart
春の恵みを思いっきり味わいましょうcherryblossom




(1)ブロッコリー
ブロッコリーは「栄養の優等生」と呼ばれていますup
冬から春にかけて旬を迎えますshine


ゆでたブロッコリー60gを食べると、これだけで成人が1日に必要な
ビタミンA、ビタミンE、食物繊維の1/10、ビタミンCは1/3の量を摂取することができますよflair



その他にも...
βカロテン... 肌や粘膜を丈夫にし、抵抗力を高めてくれます。
また、目の疲れを和らげてくれる効果もあります。



ビタミンCは、体内に貯めることができない為、毎日摂取する必要があります。
紫外線によるメラニンの生成を抑制し、真皮層でコラーゲンを作るのを助けてくれますwink



★食べる時のワンポイント★
もともとアクが少ないブロッコリー。ゆでた後に冷水にさらす必要はありません。
どうしても水で冷やしたい場合は、サッと短時間で。
水溶性のビタミンB群、ビタミンCが溶けだしてしまいますので、注意してくださいねsweat01


Broccoli.jpg



 

(2)小松菜
12月~春に旬を迎える小松菜。
冬に収穫されるものは「冬菜」「雪菜」、春に収穫されるのは、「ウグイス菜」と呼ばれます。
小松菜は、カルシウム、ビタミンA、鉄、カリウム、カロチン、食物繊維をたっぷり含んでいますshine
ちなみに、小松菜は、ほうれん草と栄養価が似ています。
ほうれん草より鉄分はやや少なめですが、カルシウムの量は約5倍と多めflair
特に、小松菜に含まれているカロチンは、牛乳の脂肪分で更に吸収率がよくなりますnotes



おススメの食べ方は、小松菜+牛乳をミキサーにかける方法sun
りんごや、ハチミツを少し加えると、飲みやすくなりますよ。
忙しい朝にもピッタリな「カルシウムチャージ」ジュースですnotes




(3)グリーンアスパラガス

旬は、5月~7月始めの初夏。
グリーンアスパラガスは、たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んでいます。
特に、体内でアスパラギン酸にかわるアスパラギンが豊富。
アスパラギン酸は、疲労のもととなる乳酸を分解してくれるので「疲労回復効果」や
体液バランスを整えてくれる働きがあります。
また、見逃せないのが「スキンケア効果」shine
アスパラギン酸には、肌の新陳代謝を促し「保湿効果」がありますheart
化粧品にも使用されている成分なんですよup



☆選び方のポイント☆
穂先が曲がっていたり、穂に向かって先細りしているものは避けましょう。
まっすぐと伸びて、全体的に太めのものがおススメです。



Asparagus.jpg



(4) たらの芽
たらの芽は、たらの木の若芽のこと。
たらの芽は、「山のバター」とも呼ばれるくらい良質な脂質&たんぱく質を含んでいます。
整腸作用、神経痛、滋養強壮などに効果があるんですよ。
塩茹でするか、天ぷらにして楽しものがおススメです。
独特の香りとまろやかな風味が楽しめるのも、この時期ならではhappy01shine



旬の野菜をたっぷり食べて、体の中からキレイになりましょうupwink
合言葉は「EAT more GREEN heart」でキマリnote





次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加