アクセス

高等部BP選択授業☆夏に大活躍!近藤講師が教える「浴衣着付け」

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014.06.17東京

スタッフブログ

必修授業とは別に、

自分の興味がある授業を

受けられる選択プログラム

 

BP=「ビューティプログラム」!

 

「子供なら浴衣一枚でいいけれど、

大人は下着を一枚着ます。
汗がそのまま浴衣につくと格好悪いですよね」
と、近藤講師。

 

0001_DSC8274.jpg

 

ヴィーナスアカデミーで数多くの学生に、

「浴衣着付け」を伝授してきた
和装のプロフェッショナルなんですよ♪

 

今日は、だれでも簡単にできちゃう

浴衣の着付けステップを
完全レポートしちゃいます♪

 

1)下着を着ます。


2)補正タオルを背中に当てます。
ブラジャーのアンダーラインにあてて、

ねじりがけで結びます。

後ろ姿が平面になるように心がけます。


3)浴衣にそでを通します。


4)浴衣の裾線を床すれすれにおろし、

ウェストあたりを持ち上げ、丈がくるぶしに

かかるかかからないかで合わせます。

 

5)腰紐で結び、お尻のあたりのシワをのばします。


6) 背中心を確認しながら、

後ろも左右対称に整えます。


7)衣紋(えもん)をこぶしひとつ分ぬきます


8)「おはしょりの始末」をします。

お腹のあたりが4重になっているので、

平らに整えます。


9) 伊達締めをしめて、背中のシワは

背中心から左右にのばすように整えます。


10)帯を結びます。

帯のはし50cmほどを、縦半分におります。

 

0024_DSC8314.jpg


11)50cm部分を左肩にかけ二つ折りにし、

輪を下にして前に合わせ、

ピンチでえりもとに止めておきます


12)帯を体に巻き付けていきます、

帯がゆるまないよう、しっかりと巻き付けます。

胸のトップに帯があたるような位置にします。


13)先ほど、肩にかけていた部分をおろし、

帯を結びます。

帯の中央に山を作り、両サイドをおりあげて山ひだをつくります。


14) 羽根の中央を結び目に合わせ、

手を上からかぶせてひと巻きします。

手は、胴に巻いた帯の内側に入れて、

下から引き出し、あまりは内側に折って

胴の中にしまいます。

 

0033_DSC8328.jpg


15)帯を整えて、リボン部分を

右から左にまわせば完成!

 

「帯選びのポイントは、

同系色か反対色を合わせることです。

帯の合わせかたで、オシャレにもなるし、

老けてしまったりもしますよ」

 

と近藤講師。

 

0019_DSC8302.jpg


衣装じきの上に立つ学生たち。
鏡を見ながら、着付けスタートです!

 

0044_DSC8353.jpg

0054_DSC8372.jpg


一人の学生に一人の講師がついてくれるので、

安心ですね♪

 

学生たちは、自分の好きな浴衣を、
20分ほどで見事に着こなすことができました♪


「自分で着れるなんて……!」と、

みんな感激していましたよ☆

 

0083_DSC8418.jpg

 

ぜひ、お祭りやデートに着ていって、

夏を満喫してくださいね☆☆☆

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加