アクセス

ビューティコラム#220 1年に1度!おせちの驚くべき美容効果とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.01.05東京

ビューティコラム

あけましておめでとうございます

 

BC221.jpg

 

今年もビューティコラムをどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

皆さん、お正月に「おせち」は食べましたか

 

おせちは、縁起をかつぐだけでなく、
美容にとても良い食材が豊富に使われているんですよ

今回は、代表的なメニューの知らざれる美容効果をご紹介します。

 

 

【かまぼこ】
日の出を象徴するものとして、

新年になくてはならないのが
かまぼこです。
高タンパクなのに、低脂肪なのが特徴です。
栄養成分表によれば、

かまぼこにふくまれるタンパク質は
100gあたり12g。

そして、脂肪は、0.9gしかありません。
100gの木綿豆腐と比較すると、

タンパク質は6.6g、脂肪は4.2gなので
とても優秀な食材であることが分かります。

 

【伊達巻き】
魚のすり身に鶏卵と砂糖を混ぜて焼き、

巻いて棒状にしたものが
「伊達巻き」です。
卵には鉄分、カルシウムなど、ミネラルやビタミンがたっぷり
かまぼこと並ぶ、良質なタンパク質なんです!
肌や髪をキレイに保ってくれますよ。

 

 

【黒豆】
豆には、「まめに」働く、
など健康に過ごせることの象徴です。
黒豆は、もともとは大豆。
イソフラボンをはじめ、疲労回復を助ける
ビタミンBが豊富に含まれています。
また、煮汁にはビタミンB2がふくまれていて、

風邪予防にも効果的

 

 

【栗きんとん】
金色に輝く栗きんとんは、お金を連想させます。
今年も豊かに、財産に恵まれますようにという意味なのだそう

栗にふくまれるビタミンB1が、肌の新陳代謝をうながします。
また、老化防止ビタミンのビタミンB2も豊富なので
ニキビの予防改善にもつながります。
また、肌の血色やツヤを高めてくれる葉酸もたっぷり

 

 

【なます】
大根には、でんぷんの消化を助ける

ジアスターゼをはじめビタミンCも含まれています。
おもちを食べ過ぎた時は、
なますを食べると消化を助けてくれますよ!

 

 

BC#221.jpg

 


いかがでしたか?
今まで、あまり食べたことがないメニューも
ぜひ美容のために食べてみてくださいね

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加