アクセス

ビューティコラム#232 ご当地の美容食材を探せ!—山形県—

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.05.14東京

ビューティコラム

ビューティコラムでは、毎月あるエリアにスポットをあてて
知られざる美容食材をご紹介しています。
今月は、山形県です


皆さんは「だだちゃ豆」をご存知ですか

 

 

BC232.jpg

 

 

♥ だだちゃ豆って、なに? ♥

だだちゃ豆は、山形県鶴岡市周辺の

限られたエリアで育てられている枝豆です。


だだちゃは、庄内地方の方言で「お父さん」という意味だそう


収穫時期が8月お盆の頃から、

9月上旬までのとても短い期間ということもあり
「まぼろしの枝豆」とも呼ばれています。

 

♥ どんな形をしているの? ♥

外の皮は褐色がかっていて、表面のうぶ毛も茶色。
茹であがると、とうもろこしのような甘い香りがただよいます

 

♥ 気になる美容成分 ♥

だだちゃ豆には、アミノ酸の一種である

「オルニチン」が豊富に含まれています。
山形大学農学部阿部教授の発表によると……

「オルニチンが豊富」というイメージが強い
シジミ100gには、オルニチンが10〜15mg含まれています。


これに対して……
だだちゃ豆100gには、
なんと約20〜40mgものオルニチンが含まれているそう
オルニチンには、コラーゲンの合成を強化する働きがあるんですよ。
顔のシワ、ハリ、顔色などの改善が期待できますね


♥ スキンケア効果 ♥

だだちゃ豆は、一般的な枝豆よりも「アラニン」を多く含んでいます。
アラニンとはアミノ酸の一種で、タンパク質のもとになる成分。
アラニンには、皮膚の保湿と健康を保つ働きがあるんですよ

 

♥ ストレス軽減効果 ♥

もうひとつ。
一般的な枝豆よりも多く含まれているのが「GABA(ギャバ)」です。
GABA(ギャバ)にはリラックス効果があり、
ストレスからくる緊張感をやわらげてくれます。
また、肌のターンオーバー促進に関与していることも
化粧品会社の研究で明らかになりました

 

茹でて、シンプルに塩でいただくのもよし
色々なお豆と混ぜて、豆サラダにするもよし

 

 

BC#232.jpg

 


ぜひ、「だだちゃ豆」で美人度をアップさせてくださいね
次回は、宮城県の美容食材をお届けします。


お楽しみに

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加