アクセス

ビューティコラム#235水分補給の季節!緑茶とコーヒーに再注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.06.23東京大阪

ビューティコラム

毎日暑いですね

 

皆さんは、のどがかわいた時は
どんなドリンクを飲んでいますか

 

これからの季節には、

緑茶とコーヒーを選んでみてはいかがですか


というのも、最近こんな研究結果が発表されたんです


国立がん研究センターによると
「緑茶を一日1杯未満飲むグループを基準として比較した場合、

一日5杯以上飲むグループの死亡リスクが、

男性では13%、女性では17%も低下していることになる」


ザックリ言ってしまうと……


「緑茶を1日5杯以上飲む人ほど

死亡するリスクが低くなっている」


ということ


また、コーヒーを習慣的に飲む人についても、

同じことが言えるそうですよ


ということで、今回は再び注目を集めている
緑茶&コーヒーの美容効果についてまとめます

 

 

緑茶
 

BC235_03.jpg

 

 

♥カテキン♥
緑茶に含まれている「カテキン」はポリフェノールの一種です。

茶の葉に含まれる渋みや苦みの成分で、

血糖値の調整作用、抗酸化作用、

体脂肪低下作用などうれしい効果が盛りだくさん!

 

♥ビタミンC♥
さらに、注目したいのがビタミンC。

緑茶に含まれるビタミンCは熱に強く、

80度のお湯を注いでも壊れません。

煎茶3杯ほどで、りんご1個分のビタミンCがとれるそうですよ

特に「一煎目(一番最初に煎れたお茶)」に多く含まれています。

 

♥ビタミンE&ナイアシン♥
緑茶のビタミンE&ナイアシンが、毛細血管を広げて、

血流を良くしてくれる作用があります。

血行不良や手足の冷えに悩む方にオススメです

 

♥テアニン♥
お茶の香気成分は、600以上もの香りが

混ざっていると言われています。

若葉、花、レモン、など、さまざまな香りの

ハーモニーが緊張をときほぐしてくれます

また、茶葉に含まれるテアニンにもリラックス効果があります

 


コーヒー
 

♥ポリフェノール♥

ある調査によれば
「1日にコーヒーを2杯以上飲む人は

紫外線によるシミが少ない」そう


これは、コーヒーに含まれる「ポリフェノール」が、

紫外線によるダメージを軽減してくれるから

ポリフェノールの1日の摂取目安量1000〜1500ミリグラムは、

コーヒー3〜5杯で摂取することができますよ。

ちなみに、こうしたコーヒーの有効成分は、

缶コーヒーやインスタントコーヒーでもOKなんだとか


♥カフェイン♥
また、コーヒーに含まれる「カフェイン」は、

脳の活動を活発にしたり、疲労感を抑えてくれる働きがあります。

授業の前や、仕事の前にコーヒーを飲むことで、

気持ちもシャキッとしそうですね

また、カフェインには体内の余分な水分を

排出してくれる働きもあります。

 

 

BC235_02.jpg

 

 

改めて、緑茶とコーヒーってスゴい
ぜひ、美容効果を期待しながら、味わってみて下さいね

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加