アクセス

ビューティコラム#240 暑さは、スパイスのパワーで乗り切ろう!カレーのスパイスの美容効果をリサーチ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.07.31東京大阪

ビューティコラム

夏になると食べたくなるものと言えば……


そう、カレー

 

 

#BC240_curry.jpg

 


カレーは、さまざまなスパイスが織りなす芸術品です。
今回は、数あるスパイスの中から、代表的な7つをピックアップしました


果たして、どんな美容効果があるのでしょう

 

♥ターメリック
日本名は「うこん」。
ショウガ科の植物で、根と茎を乾燥させて使用します。
カレーの黄金色に欠かせません。
うこんは、強い抗酸化作用を持ち、

活性酸素を除去し、肌の老化を防止してくれます。
また、驚くべきことに、うこんにはムダな毛の成長を押さえる働きがあるそう

 

♥ローレル
フランス名は「ローリエ」。
日本では月桂樹の葉として親しまれています。
月桂樹の葉には、胃を整えてくれる効果、

利尿効果、不眠をやわらげる効果などがあるそう。

 

♥オレガノ
イタリアのトマト料理に用いられるハーブです。
肉や魚の臭み消しとして使われています。
胃腸を整え消化を促進する働き、

また疲労感を和らげる働きがあると言われています。

 

 

#BC240_oregano.jpg

 

 

♥フェネグリーク
滋養強壮作用が高い、マメ科の植物です。
昔から、栄養補給、食欲増進のために使われてきました。
最近では、バストを大きくするためのサプリメントにも使われています。

 

♥フェンネル
セリ科のハーブです。発汗作用があり、新陳代謝を活発化させてくれます。
また、体内の余分な塩分を排出してくれるため、ダイエット効果が期待できます。

 

♥スターアニス
「八角」とも呼ばれています。香りの元になるアネトールの分子構造が、
女性ホルモン「エストロゲン」とよく似ていることから
生理前症候群(PMS)や、月経不順の緩和に役立つと言われています。
血行を良くし、体を温める作用もあるそうですよ

 

♥カルダモン
ショウガ科の植物で、「香りの王様」とも呼ばれています。

強い消臭効果があり、魚の匂い消しなどに使われます。

香りは、ホルモンバランスの乱れにも効果があると言われています。
この他にも、血の巡りを良くし、消化と脂肪燃焼を助ける働きがあります。

 

 

#BC240_Spices.jpg

 


こうして見てみると、カレーのスパイスには
アンチエイジング効果、ダイエット効果、体を温める効果など
女性に嬉しい効果がいっぱいなんですね


体調を崩しがちな夏こそ、カレーを食べて元気に乗り切りましょう

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加