アクセス

ビューティコラム#257 ご当地の美容食材を探せ!—宮城県—

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015.12.07東京大阪

ビューティコラム

ビューティコラムでは、毎月「日本全国の美容食材」をご紹介しています。


今回は、宮城県が誇る「カキ」をピックアップ

 

 

BC257.jpg

 


宮城県三陸沖は、親潮と黒潮の潮目にあたります。

プランクトンが豊富なので、良質なカキが育ちます。

地元では、カキ丼、カキ松前焼き、

カキ殻焼などさまざまな調理法で楽しまれているようです


♥ 宮城県のカキについて ♥
一言に、カキと言っても、種類はさまざま。

宮城県カキは小さめながら、「味が濃厚」なのが特徴です。
今の季節に旬を迎えるのが「真牡蠣(マガキ)」です。

10月中旬〜2月初旬は生食用として出荷されます。

 

♥1♥ 皮膚のターンオーバーをうながしてくれる
カキには、亜鉛が豊富に含まれています。

亜鉛は、必須ミネラルのひとつで、美髪、美爪に欠かせない栄養素。

皮膚のターンオーバーをうながしてくれます。

また、カキには、豚肉の3〜5倍の亜鉛が含まれていると言われています。

 

♥2♥ 貧血予防に効果的
カキには、鉄分も豊富です。カキの貧血防止効果を高めるために、

鉄分、葉酸など造血作用のあるほうれん草と一緒に食べることもオススメです

 

♥3♥ 集中力を高めてくれる
カキには、うま味成分でもある「グリコーゲン」もたっぷりです。

グリコーゲンとは、多数のブドウ糖が複雑につながった多糖類のこと。
また、脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖には、脳を活性化させ、

集中力を高めてくれる働きがあります。

また、グリコーゲンには疲労回復効果もあると言われています。
ちなみに、グリコーゲンは3月〜5月の春牡蠣に多く含まれているそうです。

 

 

BC_257.jpg

 


年末の忙しい時期にこそ、カキのパワーで、美しく健やかに過ごしたいものですね。


次回は、福島県のご当地食材をお届けします

お楽しみに

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加