アクセス

フレグランス Lesson★レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.02.01

今回は『フレグランス Lesson』授業風景のレポートです。

講師は、香りのアトリエと教室「マル・ダムール」代表で調香師の山田雅子先生です。
エキゾチックな雰囲気の漂う山田先生。
これまでに歌手の久保田利伸さんのオードトワレを制作したり、
俳優の速水もこみちさんの香りを制作したりと、輝かしい経歴をお持ちの方です。shine

そして、なんと! FM熱海湯河原(Ciao! 79.6MHz)の番組
「香水専科 ボンボン パルファム」「ミュージック・パルファム」で
パーソナリティーもされているそうで、
その語り口は香水と同じで優しく、心地よいものでした。

みんな、熱心にメモをとりながら聞いていました。

香水とは? にはじまり、
香水を買うときはミドルノート(香水を付けてから30分から2時間)まで待つ、
香りは頭(印象)に残る、
就活、仕事のデキる女性に見せたいときは、
グリーン系、アクア系、フローラル系などがオススメ、
恋に効く香りetc…heart03
ためになるお話が盛りだくさんでした!

中でもおもしろかったのが、「男の子の神話」。
先生「男の子って、石けんの香りがする女の子が好きって言うよね~」
「そう」
「そう」
これは、強い香りをつけていないということを表現しているのでしょうが
先生「でも、だいたい石けんの香りって何なのよ?」
みたいな(笑)

逆に言えば、付け方さえ正しければ、
どんな香りでも好感度UPにつながるということですね♪shine

さらに、恋のマメ知識も伝授してもらいました。
例えば、この人の香りって、なんかあんまり好きじゃないのよねぇ~。
というシーンに出くわすことがあります。
香水はわがまま。
嫌いな香りには何時間も耐えられない。
だから、言いかえると香りの相性が良いと恋も長続きするのだとか。

なるほど……。
香水って、とっても奥の深いものですね!

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加