アクセス

ビューティコラム#11 夏こそ気をつけたい、冷え対策

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010.06.18

女性の体の悩みで、必ず上位にくるのが「冷え」。

肩こりや体がだるいといった、健康面への悪影響は
もちろんですが、美容面にもたくさんのダメージを
及ぼす原因になってしまうのですcrying

体が冷えると代謝が低下してしまいます。
すると、いつも以上に体にエネルギーを溜め込んでしまうので
太りやすい体質になってしまう!

そして、血行不良になってしまうため
お肌にも栄養や水分が行き渡らず、大きな負担がかかります。

つまり、くすみ、むくみ、しわ、たるみなどが起こり
肌老化の大きな原因となってしまうのです。

書いているだけでも、恐ろしいですね。。。

で、もうすぐやってくる夏本番。

Fotolia_11493071_xs

「夏だから、冷えなんて関係ないでしょ〜」なんて
おっしゃらずに。

実は冬以上に、夏の冷え性に悩む人が増えているんです。

その原因は
1.ガンガンに効いた冷房
2.冷たい飲み物や食べ物のとり過ぎ

身に覚えのある人、たくさんいると思います。

1.の冷房は、直接的に体を冷やしてしまうのは
もちろんなのですが、それ以上に外の気温との落差が大きすぎて
自律神経が狂ってしまうことが、冷えの大きな原因となっています。
出かけるときは、なにか1枚羽織るものを持ち歩くのがおすすめです。

Fotolia_5079837_xs

2.は、冷たいドリンクやビール、アイスクリームとか
おいしい季節ですからね〜。わかります。。。
でもでも、食べ物で体を内側から冷やしてしまうのは
よくありません。

しかも夏に旬を迎えるきゅうりやトマトとかの
夏野菜って、体を冷やす食べ物なんですよね。
実際に冷たいものじゃなくても
体を冷やしてしまう食べ物ってあるんです。

できれば、野菜も生ではなく
火の通ったものを食べれば、美容にとてもいいですよshine

あとは暑いからといって、シャワーだけですまさないで
温めのお湯でもいいから、お風呂にゆっくりつかるようにしましょう。
体を温めるのはもちろん、自律神経のリズムも整えてくれます。

「冷え」は美容の大敵! この夏も心してかかりましょうheart04

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加