アクセス

ビューティスペシャリストAクラス☆メイクベーシック初回授業

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011.04.28

スタッフブログ

今回、ご紹介するのは
ビューティスペシャリストAクラスのメイクベーシック、最初の授業ですshine

担当するのは、入学式で祝辞をいただいた
今成美香講師。
Va_2011041920_001

プロのメイクアップアーティストで
ヴィーナスの卒業生でもある今成講師からは
ご本人の自己紹介とともに

「私はヴィーナスの大先輩ですから
なんでも気軽に相談してね〜」とやさしいお言葉がありましたhappy02

この日は初回ということもあり、まずは前期の授業内容の説明から。

前期はJMAメイクアップ技術検定の試験に向けて
試験対策の授業を中心となります。

最後にはグループ制作や撮影も行われるという
何とも盛りだくさんな内容です。

引き続き、教材のチェックと説明が。
今成講師の指示通り、真新しい銀色のメイクボックスから
中に入っている教材を全部出していくのですが
ただ出すわけではありませんwink

机の上にタオルを引いて、道具を1つすつ並べていくのです。

「実際にメイクの仕事の現場では、モデルさんが来る前に
道具はこういう感じに、鏡の前に広げて準備しておくの。
右利きの人は、右奥から使う順番に並べておくと使いやすいから」

まだ初回ですが、すでに学生たちには
「プロになること」が前提で講義が行われています。

Va_2011041920_006

教材の名前や使い方など、詳しく解説する今成講師。
その話を学生たちも真剣に聞き、ノートをとっていましたconfident

スポンジやパフ、ブラシケースの中にある
14本ものブラシについての、洗い方や手入れの仕方も教えてくれます。

「仕事道具だから、しっかりキレイに使おうね。
ブラシは安いものじゃないし、ずっと使えるものだから大切にしてね」

ちなみに今成講師はヴィーナス生時代に使っていた道具を
プロとして活躍している今も使っているそう。
ぜひ見習いたいですね!

そして最後はスキンケアの実技です。

まず講師がウイッグを使ってデモンストレーションを行います。

Va_2011041920_010

モデルにタオルをかけたり、ピンで髪をとめたりなどの
セッティングに始まり、
化粧水のつけ方の手順を細かく説明。

その後、学生同士、相モデルになって
スキンケアの実技を行いました。

Va_2011041920_031
Va_2011041920_024
Va_2011041920_050_2

不慣れなせいか、こわごわと友達の顔に触れている子が
多いように見えましたが
「毎回スキンケアから始めるから、だんだん上手にできるようになるよ」と今成講師。

初回から、とても密度の濃い充実した授業でした。

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加