アクセス

ファッションスタイリスト&プレスADVANCE☆着物ショー・プレスワーク体験

このエントリーをはてなブックマークに追加

2011.06.23

スタッフブログ

6月9日、目黒・八芳園にて行われた
キモノ作家・斉藤上太郎氏のショー
「2011-12 JOTARO SAITO KIMONO STYLE COLLECTION」にて
ファッションスタイリスト&プレスADVANCEの学生たちが
プレスワーク体験をしましたshine


0609_3


担当は、佐藤桂維子講師です。
PR会社の代表であり、プレスワークのプロフェッショナルとして
第一線で活躍なさっている、佐藤講師が広報担当を務めるこのショーの
お手伝いをさせていただいたのです。


0609_34

会場は、八芳園の中にある白鳳館。
落ち着いた佇まいの日本家屋の大広間には
ランウェイの形に電飾がセッティングされていました。


そして、JOTARO  COLLECTIONの
一重のキモノに身を包んだ佐藤講師が
プレススタッフのみなさんと間もなく始まるショーの準備のために
キビキビ動いていらっしゃいます。


0609_47


このようにプレスのお仕事を目の前で見ることができるのは
本当に得難い経験ですねshine


さて、学生たちの今回の役割は、会場でのお客様の誘導係です。


「お客様の中には、プレスの方、バイヤーの方、そしてお得意様も
いらっしゃいます。くれぐれも失礼のないように。まずは、笑顔であいさつ。
声をかけられて、わからないことがあっても
『少々、お待ちください』と落ち着いて対応してください」


緊張感漂うプロの現場の中、
学生たちは、ブラックスーツに身を包み
プレススタッフの方からの指示を聞いています。


0609_15


ショーのお手伝いは今回で2度目とのことですが
みんな神妙な面持ちで、それぞれのポジションに立ち
開場を待ちます。


そして開場。
お客様を笑顔でお迎えする学生たち。


「後ろに立って見てても大丈夫ですか?」という
お客様からの質問にも
「できれば、おかけになってご覧いただけると。。。」と
丁寧に応対をしていましたwink


ショーが始まると、学生たちは自分たちの立ち位置から見学。



今回のコレクションのテーマは「+ストライプ」。
パターンやモチーフにストライプやボーダーをプラスした
デザインが、なんとも斬新です。


ショーが終わり、最後には斉藤上太郎さんと記念写真shine


0609_106

「みんな学生さんなのに、大人っぽいね〜」と
気さくに話しかけてくれる上太郎先生に
「ショー、とってもカッコ良かったです!」と興奮気味に答えていました。


0609_108


大変だけど、とてもやりがいのあるプレスのお仕事を
体感できた一日でしたねshine

0609_100

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加