アクセス

“美容にいい眠り方”をプロから学びました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012.01.27

スタッフブログ

今回のレポートする
ビューティープログラムは『睡眠美容』moon3です。


_dsc8081

ゲスト講師はインナービューティーアドバイザーの友野なお先生shine
「食」と「睡眠」の両面から徹底的に「体内美容」を極める、
日本での第一人者ですshine


会場いっぱいの学生の前に友野先生が登場happy02


人生の1/3を睡眠moon3している人間。
それを生産性のない時間にするのは
とてももったいないとのこと。


「眠りに関心を持ったみなさんはすごく意識が高い。
ぜひここで学んだことを大切な人に伝えてほしいです」


と友野先生shine


_dsc8681
 

ぜひ美容に生かせる質の高い眠りを
たくさんの人に教えてあげたいところですup


まずは美容に関する知識を
○×の質問でチェックsign01


_dsc8083

「美容に大切なのは、寝始めの3時間」
「睡眠と肥満には関係ある」
「遮光カーテンをきっちり閉めて寝るのはダメ」
などなど…。


常識と思われていた事が、
実は間違っていたり、
知らなかった知識があったり。


一気に友野先生の講義に引き込まれていきますup


_dsc8750

つぎは睡眠のメリットを具体的に解説shine
まずは眠ると肌がキレイになるということ。
とくに寝始めの3時間clock
体内で成長ホルモンが急速に作られ、
お肌のターンオーバー(生まれ変わり)を促進する
shineお肌のゴールデン・タイムshine”なのだそう。


ただし、
睡眠時間が3時間でよいわけではありません。
なぜならその後の眠りで、記憶を定着させたり、
神経を落ち着かせたりするからですflair


脳と身体を休めるために、理想的には3時間+4.5時間、
合計7.5時間は眠ってほしいそうですshine


_dsc8747

睡眠時間nightが不充分だと、肥満にもなりやすいとかcoldsweats02


「眠っていないと、グレリンという食欲を増す
ホルモンが多くなってしまいます。
どんなに食事制限しても、
このホルモンが増えてしまうと
自分では食欲を抑えられません」


と友野先生shine
これがリバウンドの大きな原因のひとつに
なっているそうですflair


_dsc8729

「アメリカでは
ダイエットに睡眠は常識なんですよ」

とのこと。
勉強になりますねhappy02


最後に、日中に起こった肌トラブルを
睡眠中に解消しよう!という“眠活”を紹介shine


睡眠1時間前clockには、
「明かりを間接照明にする」
「好きなアロマや音楽などでリラックス」など
眠りに入る準備をすることshine


起床後30分clockまでには、
「太陽を浴びる」
「果物や水分、朝食をとる」
「トイレに行く」
など、身体を目覚めさせる行動をとることが
質のよい眠りにつながるそうですwink


_dsc8100

眠りを客観的に把握するため
『睡眠日誌』をつけることもオススメとかpencil
何があると自分は眠れないのか、
どれぐらい眠れば元気なのか、
とてもよくわかりますhappy02

日誌のシートは先生のホームページから
ダウンロードできますmemo
↓↓↓
■友野先生ホームページ
http://tomono-nao.jp/



「みなさんは夢をかなえるためにも、
まず健康で、キレイで憧れられることが
大切になってくると思います。
しっかり睡眠をとって
夢も健康も美容も手に入れてくださいshine
と友野先生。


_dsc8784

今日からすぐ実践できることもたくさんあるので
ぜひチャレンジしてみてくださいねwink

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加