アクセス

ビューティコラム#270 カラーしたらケア!キレイな髪を保つポイント3選♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.02.29東京大阪

ビューティコラム

春ですね

新しい季節になるとヘアスタイルも変えたくなるもの

 

今年は、ピンク系カラーが大人気

BC_270.jpg

がっつりブリーチをしたり、ツートンカラーを楽しんだり

でも、カラーをしても髪のツヤや輝きは失いたくないもの

ということで、今回はつやつやヘアを維持するためのポイントを3つまとめます

 

★★★★

「日本人の髪の太さの平均値は、0.07〜mm〜0.10mm。そこに3つの層が凝縮しています

よく耳にするキューティクルはもっとも外側にあって、つや・光沢に関わる部分

とてももろいため、傷つけないようていねいにケアしましょうね

---------------(資生堂HPより引用)

 

1)カラーして1週間は、温泉、プール、海水を避ける

 

 髪の毛の内部に入っていたカラー剤が、キューティクルの隙間から流れ出てしまうことを「退色」といいます

 退色をさけるためには、もっとも外側にあるキューティクルがしっかりと閉じていることが大事です

 しかし髪の毛のphがアルカリ性に傾くと膨張し、キューティクルも開きやすくなってしまいます

 では、どうしたらいいのでしょう

 まず、カラー後1週間はプールに入らないことが大切

 プールに入っている塩素の影響で、髪がアルカリ性に傾いてしまいます

 温泉や海水に含まれている塩分にも要注意

BC#270.jpg

 

2)紫外線をさける

 紫外線を浴びると髪にもダメージがかかります

 表面のキューティクルがダメージを受けるので、色や栄養分が抜けやすくなってしまいます

 日頃から帽子や日傘を使って、紫外線をさけましょう

 

3)ていねいなシャンプー&ブロー

 何よりも大事なのが、毎日のシャンプー&ブロー

 まず、シャンプーの見直しから!まずは、自分が使っているシャンプーの成分表をチェックしてみて

 成分表に、ラウリル硫酸ナトリウム&ラウレス硫酸ナトリウムが入っていないものが良いそうですよ

 これらは界面活性剤の代表的な成分で、洗浄力が強すぎるそう!汚れはよく落ちますが、キューティクルを傷つける原因にもなりかねません

 また、カラー専用のシャンプー&トリートメントに切り替えるのもオススメです

BC-270.jpg

 ブローする時は、1か所に熱をあてすぎたり、乾かしすぎたりしないように注意しましょう

 乾かした後も、髪に摩擦や刺激を与えないよう気をつけてくださいね

 

いかがでしたか

これで、春のカラーを楽しむ準備は万全ですね♡

 

---------------参考URL:資生堂 http://www.shiseidogroup.jp/binolab/h_0001/

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加