アクセス

ビューティコラム#288 基本を見直そう!ビューティーツールのお掃除大作戦♥

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.07.17東京大阪

ビューティコラム

 

皆さんは、どれくらいのペースでメイク道具のお掃除をしていますか

キレイに見えても、メイク道具は意外と汚れがたまっています

また、汚い道具では化粧ノリが悪くなるだけではなく、

お肌に雑菌を広げているようなもの

 

ということで、今回は

ビューティーツールのクリーニング方法を徹底リサーチします

 

<ブラシ>

洗面器、専用洗剤、タオル or ティッシュペーパーを用意します

 

1 洗面器にぬるま湯をはります!!

 

2 そこに専用洗剤を加えます

 パウダーやチーク用ブラシ、リキッドファンデーション用ブラシの場合で薄め方が異なるので、

 専用洗剤の使用量目安に合わせてくださいね

 

3 洗った後は、優しくタオルやティッシュペーパーで毛先の水気をとり、風通しのいい場所にほします

  このとき、毛先が広がらないよう軽く整えましょう

   ティッシュの上にそっと寝かせて乾かします直射日光が当たる場所は避けましょう

 

人口毛であれば3日に1回、動物の毛を使った天然毛は1週間に1回程度を目安にしましょう

BC_288.jpg

 

<スポンジ>

夏場は、一回使うごとにスポンジを洗うのが理想的なのだそう

3〜4個を用意し、使い回すと良さそうですね

洗い方は、押し洗い(手洗い)が基本ですスポンジ専用洗剤を使い、水洗いします

汚れが出なくなるまですすぎます最後は陰干ししましょう

 

ちなみに、表面がゴツゴツしてきたり、肌にふれたときに「かたい」と感じたら交換するタイミングです

 

<見落としがちなパーツ!!>

♡ファンデーションの容器

♡リップの容器

♡アイラインなどペンシルのふたの部分

♡ビューラーのゴム部分

など、細かな部分も忘れずに

ティッシュか綿棒に専用洗剤を1滴含ませて、汚れをふきとりましょう

BC288.jpg

 

<ポーチ>

材質にもよりますが、洗えるものは中性洗剤を含んだぬるま湯で手洗いします

または、ぬるま湯で薄めた中性洗剤を直接タオルにしみこませて固くしぼり、

汚れが気になる場所だけふく、という方法もあります

 

ちなみに……!

食器用洗剤でも汚れが落ちる場合もありまが、素材によっては相性が悪く、オススメできません

持っていない人も、この機会に専用洗剤を使ってみては

BC-288.jpg

 

こまめにお掃除して、メイク道具から美しくありましょう

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加