アクセス

ビューティコラム#292 カメラマン平柳さんにうかがう!夏の思い出の残し方ポイントって?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.08.28東京大阪

ビューティコラム

 

夏休み本番ですね

友だちと遊んだり新しい場所に出かけたり、

写真を撮る機会も増えるのではないでしょうか

 

今回は、ヴィーナスアカデミーでも特別講義をされたカメラマン平柳智子さんに、

意外と知らない写真撮影で気をつけておきたいポイントを3つ教えていただきました

 

☆服は白、壁も白を選んで!!☆

 

 「レフ板」と呼ばれる、白い板があるのをご存知ですか

 被写体に光を反射させる板のことで、撮影などでも使われます

 この原理は、普段の撮影でも活用できるんですよ

 例えば、芸能人やモデルさんのポートフォリオを見ても

 上半身は白いシャツやブラウスを着ていることが多いですよね

 これは、レフ板を使うのと同様、顔まわりを明るく見せるためなのだそう

 屋外で撮影するときは、背景に白い壁を選ぶと良いですよ

 また、コーディネートでは白いトップスを選ぶと顔まわりが明るくなります

 

☆二の腕を細く見せるテク!!☆

 

 平柳講師が、実際に写真を撮って解説してくださいました

 どちらのほうが、二の腕が細く見えるでしょうか

 

BC292_A.jpg

 

BC292_B.jpg

 

答えは、体から二の腕を離しているB

このようにノースリーブを着るときは、

二の腕を体から離すだけで細見え効果が期待できますよ

 

☆スマホで撮影するときの自慢テク☆

 

BC292_C.jpg

まず、スマートフォンの「カメラ」アプリを開き、被写体にカメラを向けましょう

被写体が定まったら、画面を長押ししてみてください

すると画面の上に「AE/AFロック」という表示が出るのではないでしょうか

これは、「明るさが固定される」という意味です

さらに、太陽のマークが表示される場合は、上下にスワイプすることで明るさを調節することができます

上にスワイプすると明るさが増し、下にスワイプすると暗くなる仕組み

知っていると、ちょっと自慢できちゃう便利なテクニックです

(※こちらの機能はお使いのスマートフォンの機種によっては、起動しない場合があります。)

 

平柳講師、ありがとうございました

BC292_D.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加