アクセス

ビューティコラム#304 Happy Bath タイム♥ お風呂が楽しくなるアイデア3つ♡

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.11.23東京大阪

ビューティコラム

 

ご存じでしたか

11/26は、いい風呂の日なんだそう

そこで、今回は自宅で簡単にできるバスタイムの過ごし方と

美容効果についてまとめます

 

1. 塩風呂

 

 塩風呂をするときは、漬物用の塩や岩塩など、精製されていない塩を使うのがポイントです

 精製されていない塩には、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルが

 豊富に含まれているので新陳代謝を活発にしてくれます

 

 また、塩風呂は保温効果が高いので、ぬるめの温度でも体の芯から温めてくれます

 さらに、お風呂から出た後の肌の乾燥を防いでくれ、しっとりつるつる肌がキープされるそう

 

2. ゆず風呂

 

 5月の菖蒲湯、あせもに桃の葉湯、冬至のゆず湯……というように

 日本では古くから植物の葉、実、根、皮を入れる

 「薬湯(くすりゆ、やくとう)」が親しまれてきました

 特に、今の季節にオススメなのがゆず風呂です

 ゆずは、強い抗酸化力を持ち、ビタミンCやβ-カロテンを豊富に含みます

 アンチエイジング効果、疲労回復、血流改善などが期待できますよ

 また、香り成分であるリモネンを含むため、リラックス効果も高いといわれています

 ゆずは、スライスしたものをネットに入れても、皮を洗ってまるごと入れてもOKです

 BC_304.jpg

 

3. 日本酒風呂

 

 ヒラリー・ダフや長澤まさみさんなど、日本酒風呂を愛用する女性は美しい人ばかり

 

 では、日本酒をお風呂に入れると、どんないいことがあるのでしょう

 米麹に含まれる「コウジ酸」には、メラニン色素の生成を防ぐ効果があるといわれています

 シミやそばかすの原因にアプローチし、透明感ある肌に導いてくれます

 また、肌のターンオーバーをうながすため、ハリや弾力を回復させてくれるそう

 日本酒風呂は、美白&美肌にもってこいなんです

 BC304.jpg

 

冷え性が気になるときはお塩

疲労回復したいときはゆず

肌を整えたいときは日本酒

……と、気分によって使い分けてもいいですね

ぜひ、いつものお風呂にプラスしてみてください

HAVE a  HAPPY BATH TIME

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加