アクセス

『第10回全日本ヘアメイク選手権』イベントレポート!!!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016.11.16東京

スタッフブログ

 

次世代の若きアーティストを発掘する『第10回全日本ヘアメイク選手権』

2016_1101_0002.jpg

2016_1101_0012.jpg

 

そのファイナリストにヴィーナス生が4人

出場したということで、早速レポートしていきます

 

会場が暗転し、司会として現れたのはモノマネメイクでおなじみ“かじえり”こと梶恵理子さん

実物はお肌がツヤツヤで笑顔もキラキラしていてSNSで見る以上にキュート

ご本人も専門学生時代にヘアメイクを学んでいたということで、

「まるで昔の自分を見ているみたいです」とコメント

2016_1101_0019.jpg

 

この大会で勝ち抜いた人はナント

パリコレにヘアメイクアップアーティストとしての参加権を得ることができるんです

 

審査員にはヴィーナスでヘアメイクを教えているMAKOTO先生の姿も

2016_1101_0015.jpg

 

当日の流れが説明され、ステージには予選を通過した40名とモデルが登場

大きな拍手で迎えられ会場に一気に緊張が走ります

2016_1101_0021.jpg

 

制限時間30分以内でメイクを完成させるというルールのもと、ついに競技開始

ヴィーナス生の石井和さん、丹澤紗英さん、土肥千夏さん、中村有紗さんが登場

全員真剣な表情です

2016_1101_0036.jpg

2016_1101_0062.jpg

 

ステージに視線が降り注がれる中、参加者たちは黙々と手を動かします

 

そして残り時間5分のアナウンスが・・・

 一斉に作品作りの最終仕上げに突入します

2016_1101_0094.jpg

 

時間終了

ここで参加者全員が手を止め、モデル達が立ち上がります

2016_1101_0120.jpg

 

ではさっそく本日参加したヴィーナス生の作品を紹介

 

石井和さんのテーマは『Warm nature』

 

 「トレンドの赤を取り入れることを意識し、

  目元に花びらを作っていたらこのメイクに辿り着きました

  という作品は目元の赤と黄色がとっても印象的

2016_1101_0108.jpg

 

 コンシーラー→パウダー→アイシャドウ&ピグメントの順で塗り、この鮮やかな色味を出したんだそう

 「時間内にできるか不安だったけど、実際始まってみるとすごく楽しかったです

 と笑顔で語ってくれました

2016_1101_0173.jpg

 

 ちなみに衣装もウィッグを固めて作った物だそうで、

 ヘアはなんと逆毛を立てるだけで4時間もかかったんだとか

2016_1101_0169.jpg

 

丹澤紗英さんのテーマは『銀の世界』

 

 「悔しい思いをたくさんしながら、その経験を糧に今日の大会に挑みました」と語ってくれました

 メイク中は緊張していたけど、隣にヴィーナス生の土肥さんがいてくれたおかげで随分気が楽になったんだとか

2016_1101_0183.jpg

 

 MAKOTO先生から、

 「自分の好きな色で挑戦してみたら

 というアドバイスを受け、その好きな色からインスピレーションを受けた作品なんだそう

 目元に取り入れたピグメントで雪の結晶のような光の輝きを表現しています

2016_1101_0186.jpg

 

土肥千夏さんのテーマは『Marie Antoinetto(マリー・アントワネット)』

 

 続いては競技のスタート時にラインストーンを落としてしまうというハプニング

 を経験した土肥千夏さん

2016_1101_0176.jpg

 

 『Marie Antoinetto(マリー・アントワネット)』

 という作品名からもわかるように上品さと可憐さが同居した作品に

 「最初は焦ってしまったけど、時間が経つとともに楽しめました」とのこと

2016_1101_0177.jpg

 

2016_1101_0174.jpg

 

中村有紗さんのテーマは 『DOLL』

 

 『DOLL』という可愛いタイトルとは裏腹に、

 大胆なアイライン&つけま使いで目を引く作品を完成

 このメイクは大好きなバービー人形と海外セレブのエイミー・ワインハウスから発想を得たんだそう

2016_1101_0187.jpg

 

 日頃の練習のおかげか、

 「思っていたよりも早く完成しました」とちょっぴり余裕なコメント(笑)

2016_1101_0195.jpg

 

 中村さんい曰く、

 「アイラインを引くのが得意」ということで、その特技を見事に活かした手腕に脱帽

 ちなみにつけまつげは上3枚、下1枚×2の計8枚使用しているんだそう

2016_1101_0190.jpg

 

 

この日の大会のためにMAKOTO先生の指導のもと、猛練習をしてきたヴィーナス生達

これを機に自分の腕にさらに自信をつけて大きく飛躍してくれると感じました

2016_1101_0234.jpg

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加