アクセス

VENUS SUMMER FESリアルトレンドコレクション優勝を祝して♡自由ヶ丘でおしゃれなヴィーガンランチへ♡♪

このエントリーをはてなブックマークに追加

2018.08.15東京

スタッフブログイベント

 

VENUS SUMMER FES が終わりました

 

2018年度、クラス対抗の

「リアルトレンドコレクション」を制したのはファッションプレス&ブランドディレクター本科

 

プライズの「ガールズパーティ」をするために訪れたのは、

自由ヶ丘にあるおシャレなヴィーガンレストラン「Plus veganique」

2018_0726_0001.jpg

2018_0726_0042.jpg

2018_0726_0043.jpg

 

実はココ、

バンタンデザイン研究所の卒業生・小関麻希さんがシェフを務めているんですよ

2018_0726_0005.jpg

       

 

 

<ヴィーガン料理って?>

 肉、魚、たまご、バター、乳製品といった動物製品を使わないお料理のこと

 小関さん

 「ウチでは精製された白砂糖も使っていません

 ヴィーガンは、海外ではとてもスタンダードなんですよ

 2018_0726_0008.jpg

 

 

 「おうちでも簡単にできる料理はありますか」と興味津々な学生には、

 「まずは、できるだけ体にいい素材を選んでください

 いちばんは農家さんから買うことですが、スーパーでは有機栽培や自然栽培のものを選んでみて

 認証マークもあるので、参考にしてみてください

 最初は、野菜炒めでも、お味噌汁でも作りやすいものからでいいと思いますよ」とアドバイス

 2018_0726_0013.jpg

 2018_0726_0022.jpg

 

 

今日いただくのは、豪華な「ヴィーガニックコース デザート&カフェつき」(3,500円)

まずは、「農家直送カラフル ベジタブル アンティパストプレート」からスタート

2018_0726_0035.jpg

2018_0726_0032.jpg

 

学生たちも

「キノコがおいしい」「いつもはお豆が苦手だけど、おいしい」と、ビックリ

2018_0726_0037.jpg

 

また、「有機野菜と豆の具だくさんなミネストローネスープ」

「歯がなくても食べられる(笑)」「ゴボウがおいしいね」と感激していました

2018_0726_0020.jpg

 

あらいやさん木綿豆腐と、吉野本屑でとろみをつけたベシャメルソースに、

オーガニックトマトソースを重ねた「小さいサイズのヴェジラザニア」もおいしすぎて言葉を失っていましたよ

2018_0726_0046.jpg

 

さらに、デザートとドリンクまでついていて大満足

「いっぱい食べたのに、胃がもたれない

「ウチは野菜が苦手だったけど、美人はこんなのを食べてるんだって勉強になりました

と、オーガニックやヴィーガンヘの関心が高まったみたい

2018_0726_0059.jpg

 

ちなみに、食事中も

「ねぇ、ねぇ、ショーのときの写真送って」と、それぞれが撮影した写真を共有して

「SNSには、ベストなやつをのせたいね」と、余韻に浸っていました

ごちそうさまでした♡

2018_0726_0070.jpg

2018_0726_0046.jpg

 

 

と、……ここで

みんなに、ヴィーナスサマーフェスのことを振り返ってもらいました

 

佐藤さん

「夜遅くまで準備していたこともあって、時間が足りなかった気がします

 いつも『間に合うのかな?』って不安でした

 でも、人生初のドーランを使ったメイクは楽しかったし、賞がとれて本当に嬉しい

 2018_0726_0131.jpg

 

兼井さん

「age嬢のヘアは大変でした

 ウィッグで作り込んだのもいい思い出

 私たちのショーは、他のどのチームとも系統が違ったけれど、個性的で良かった

 今はやり遂げて、充実感があります

 2018_0726_0134.jpg

 

北野さん

「クラスみんなでひとつのものを作るのは初めての経験

 それまでは、小さなグループがあったけれどそういうのがなくなってクラスの一体感がうまれたと思う

 2018_0726_0139.jpg

 

須貝さん

「楽しかった

 でも、イベント当日しか来られないeggモデルさんがいてギリギリまで不安でした

 発表を聞いた瞬間は、先生の涙を見て、ウチらも思わずもらい泣き

 2018_0726_0144.jpg

 

氏福さん

「アムラーのヘアを担当しました

 みんなに自分のスタイルを褒められたのは嬉しかったですね

 2018_0726_0148.jpg

 

安藤さん

「全員のイメージを合わせるのが大変でした

 例えば、マンバって何西野カナっていつのときの

 ということを一つひとつ話し合ってスタイリングを作っていきました

 みんなが自分の意見を主張するから、時にはぶつかることもありましたね

 私は、ビューティショーにも出ることができました

 直前まではドキドキしたけれど、ステージに出るとふっきれたのが印象に残っています

 2018_0726_0154.jpg

 

リーダー岩井さん

「買い出しや、衣装集めがほんとーに大変

 放課後は買い出しにいったり、友だちのお姉ちゃんから借りたり

 eggモデルさんのスタイリングも、当日しかフィッティングできないので、緊張感がありました

 でも、今となっては、ショーを作れて本当に良かったです

 たくさんの人から『良かった』『お疲れさま』って言ってもらえてようやく終わったんだと実感しました

 2018_0726_0162.jpg

 

最後は、いつも近くでアドバイスしてくれたCHIHIRO講師から

「みんながすごく頑張っていたから、eggさんを呼びました

 でも、あえてアドバイスするなら、もう少し早くからショーの演出や構成を考えることができればよかったね

 私もそうだったけど、夏休みの終わりが近づかないと、宿題をしないタイプだよね(笑)

 でも、エンターテイメント性があって面白いショーだったよ」と総括がありました

 2018_0726_0216.jpg

 

すると……

「ありがとうございましたー」と、サプライズで学生からお花のプレゼントが

「えーうそー嬉しい」とCHIHIRO講師は再び嬉し泣き

2018_0726_0197.jpg

2018_0726_0201.jpg

 

個性が強くて、主張が強くて、結束力が強い

ファッションプレス&ブランドディレクター本科チームは、これからも健在です

2018_0726_0206.jpg

 

改めて、優勝おめでとう

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加