アクセス

[ビューティープログラム]キレイな字で好感度アップ♡日本書道師範 涼風花講師による「美文字」講座!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2020.03.04東京

イベントビューティコラム

今回お届けする「ビューティプログラム」は。今回お届けするのは「美文字講座」の授業smiley

教えてくれるのは……

 

①.jpg

涼風花先生

「はじめまして。涼風花です。大河ドラマで書道指導を行ったり、女優さんの代わりに書き手として出演したりしています。

また、日光観光大使も務めています。短い時間ですがよろしくお願いします」

 

まずは、基本となるペンの持ち方から

②.jpg

 

①鉛筆を持ちます。ペン先から2cm上に中指がくるように

②ペンは、力を入れず優しく持ちます。手の平の中には卵が入っているようなイメージで

③ペン先を紙に置きます。このとき、小指の第一関節が紙に触れるくらいがベストポジション!

 

<平仮名の基本>

③.jpg

涼講師

「平仮名はやわらかく書いてほしいです。

まずは、『あ』の字から。一画目は、中心よりもやや左に反らせて書きます。『い』は横長の字形です。一画目の勢いのままニ画目に入って。また、『う』の二画目は、中心より左から入って右上方に上げていきます」

と、書き方のポイントを解説

 

「『お』は、二画目の回し上げるところと、三画目の点の位置を離すように書きます

平仮名は、直線、回すところ、柔らかく描くところ、それぞれをしっかりと書くと綺麗な字になりますよ

 

④.jpg

 

一文字一文字を丁寧に書くヴィーナス生たち。

お喋りもなく、みんな集中しています

 

<カタカナの基本>

 

⑤.jpg

 

「次はカタカナです

アは、一画目はスッと横にのばします。二画目で、はらい下げます。

イの一画目はカーブをつけずにまっすぐおろしていきます。

ウの一角目、長くなりすぎないように注意して

そしてエは三画目の下が長いほうが格好いいです!」 と先生

 

⑦.jpg

 

<漢字の基本>

 

 

⑧.jpg

「漢字を書く時に覚えておいてほしいことがあります

それは、線と線が一箇所に集中すればするほど見にくいということ。はらう角度を変えるなど、工夫して

 

練習するのは、「美容」という字

 

「美の上の三本は等間隔にしましょう

また、七画目を強調するイメージで書きます。

容のウカンムリの一画目は点で書きます。点にした方が文字が明るい印象になりますが、点にしない書き方もあります。十画目は右に少し飛び出します

 

⑨.jpg

学生 「容の字が難しいな……」と、ポツリ。

 

真剣に書くと、難しい様子

「恵比寿の『比』や『森』という漢字のように、同じパーツがふたつ以上ある場合、一つは小さく書いて、ひとつは大きく書くと動きが出て美しく見えますよ」とアドバイス

最後には、自分の名前を漢字で練習しましたsmiley

 

⑩.jpg

 

「綺麗に書くことももちろん大事ですが、自分の時間を使って丁寧に字を書くことが大切。その気持ちは相手にも伝わります

是非、心を落ち着けて美しい字を書いてみてくださいね」  と締めくくりました。

 

授業以外では、文字を書く機会があまりない……という学生にとっても、自身の硬筆のクセを見直す良いキッカケになったはず!♪

 

 

 

 

 

<講師紹介>

https://www.ryofuuka.com/

7歳から書道を始め、14歳で書道師範資格を取得。硬筆資格も持つ。親を心配させまいと手に職を持つ為に歯科衛生士の資格を取得し、 歯科衛生士として22歳で上京。 2010年「美人すぎる書道家」として新聞に取り上げられ、アメーバ ブログのアクセスは月間50万を誇る。

著書に『美文字練習帖』『美の書道』『20日で驚くほど上達、美文字練習帳』『小学校で習ったはずなのに間違いやすい漢字の書き順』。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加