ブランドディレクター

職業詳細

【職業詳細】

ファッションブランドの全てをプロデュースし、お客様に愛され安定した売上を出すブランドになるよう作っていくお仕事です。

まずは顧客になる人たちのニーズをしっかり理解し、みんなが欲しいと思うブランドを企画します。人気モデルを起用したり、人気ファッションブロガーとコラボするなど様々な手法が使われます。ディレクターはブランドを事業として成功に導く全責任を担っていますので、お仕事の範囲は商品開発、ショップのディレクション、生産管理、販売促進企画など多岐に渡ります。

それだけの仕事をするには服のデザインの知識・技術だけではなることが出来ません。ファッションビジネス力、トレンドを見抜く力、お客様のニーズを見抜く力が必要になります。売れる服の企画をするのはもちろんのこと、在庫のリスクも考え安定した収入を挙げるためのビジネスセンスが無いと務まらないお仕事です。

アパレル会社に所属して自社ブランドをディレクションする形や、フリーランスとしていろんな企業から依頼を受けプロデュースをする形もあります。経験を高めブランドの売上を高めていくと、アパレル会社のコンサルタントとしてのお仕事が入ってくる場合もあります。

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加