アクセス

ビューティコラム#413
ミノンの敏感肌研究が編み出した!「乾燥もテカリも気になる肌」への新提案

このエントリーをはてなブックマークに追加

2019.03.14東京大阪

ビューティコラム

 

ヘアメイク・メイク・エステ・トータルビューティなどが学べる専門の学校

ヴィーナスアカデミーがお届けする「きれいになれる、きれいがわかる」ビューティコラム

 

<女性の約3割が、敏感肌かつ混合肌と自覚>

 

 3月22日に、ミノン アミノモイストより、敏感肌・混合肌ラインの3製品が新発売されます

 その背景には、2017年に、第一三共ヘルスケア株式会社が実施した調査で分かった、

 女性の約3割が“敏感肌”かつ“混合肌”と自覚していることがあります

 

<敏感肌・混合肌とは?>

 

 第一三共ヘルスケア株式会社では、

 混合肌を「皮脂の多い乾燥肌」と定義しましたこの他にも

 *全体的に肌が乾燥している

  •  *部分的に皮脂が目立つ
  •  *にきび・吹き出物ができやすい

 といった特徴があげられます

 混合肌の人は、乾燥と同時に過剰な皮脂による肌トラブルを抱えていて、

 複雑でアンバランスな肌の状態にあります

 また、テカリやベタつきを気にするあまり、必要な水分や油分の補給が不足しがちで、

 それが肌のバリア機能の低下を引き起こしていると考えられます

 ミノン アミノモイスト敏感肌・混合肌ラインは、そうした「肌のご機嫌」に悩んでいる人に向けた新ラインです

BC413.JPG

 

<乾燥もテカリも気になる肌対策処方>

 

 製薬会社が皮膚科学に基づき、敏感肌・混合肌を考えた処方になっています

 「潤いはほしいけれど、ベタつくのはいや」という人のために配合したのが9種類の保潤アミノ酸

 ヒトの体は、60〜70%が水分、約20%がアミノ酸で構成されています

 アミノ酸は健やかな肌の生成と深く関わっています

 

 ミノン アミノモイストシリーズには、すこやかな肌に欠かせない9種類のアミノ酸

 (バリン、トレオニン、セリン、ロイシン、プロリン、ヒスチジン、グリシン、アラニン、アルギニン)

 を保潤アミノ酸と名づけ、独自のバランスで配合

 また、アミノ酸系セラミド類似成分が角質層の隙間を埋めるように浸透し、

 細胞間脂質の働きをサポートしてくれます

 また、整肌アミノ酸を配合することで、乾燥と皮脂が気になる肌のバランスをサポートします

 

 

 

アイテムのラインナップは3種類

薬用アクネケア ローション【医薬部外品】(1900円※)

薬用アクネケア ミルク【医薬部外品】(2000円※)

バランシングベース UV(1600円※)

です

特に、乳液はすっとなじんでベタつかないのが特徴

肌にのせると、溶けていくようなやさしいテクスチャーです

※価格は全て参考価格

BC#413.jpg

 

10代、20代女性の、基礎化粧品ブランドのファーストチョイスとしてもオススメです

 

 

<Special Thanks>

第一三共ヘルスケア株式会社

https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon-aminomoist/

 

 

次の記事を見る

前の記事を見る

資料請求はこちらから

LINE相談室

美意識チェック

BLOG キャンパスライフブログ

ヴィーナスアカデミー高等部

ヴィーナスで再進学

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加