渋谷の人気結婚式場「LAGUNAVEIL ATELIER(ラグナヴェール アトリエ)」へ。
インターンとして活躍する蔦木沙良さんにインタビュー!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021.09.07東京

スタッフブログ

今回、ヴィーナスアカデミースタッフが訪れたのは、渋谷の人気結婚式「LAGUNAVEIL ATELIER(ラグナヴェール アトリエ)」。

ニューヨークのセントラルパークをイメージした「ホールガーデンチャペル」

2021_0805_0005.jpg

 

ホワイトとナチュラルウッドを基調にしたリラックスできる空間「アトリエ ルーフトップテラス」など多様な空間を備えます。

 

2021_0805_0058.jpg

 

2021_0805_0108.jpg

 

人気の会場で、ヴィーナスアカデミー在校生がインターンとして活躍しています!!

 

2021_0805_0092.jpg

 

今回は、スペシャルインタビューを実施!

式場を運営する株式会社エスクリ様より、サービスマネージャー 山﨑亜汰瑠さんをお迎えしてお話をうかがいました。

 

――― インターンの具体的なお仕事について教えてください。

ゲストの手荷物をお預かりする「クローク担当」や、料理やドリンクをお出しする「バンケット担当」のお仕事、挙式のシーンを盛り上げていただくお仕事があります。

新郎新婦が入場する際に拍手をしたり、余興でダンスがあれば手拍子や拍手で盛り上げたりと多岐に渡ります。

 

2021_0805_0023.jpg

 

――― 平均の勤務時間は?

週1回は働いてもらっています。平均して7~8時間ほどです。

 

――― 学生のお仕事ぶりはいかがでしょうか。

とても頑張ってくれています。将来を見据えて働いている方が多く、負けん気の強さがあります。

新しいことを教えたときも意欲的ですし、誰よりも吸収しようという姿勢が見えます。

 

――― 採用では、どういった点を重視しますか。

一般的に、アルバイトですと合格を前提に行うケースも多いと思いますが、弊社ではしっかりとした面接を行っています。

面接では、自分の強みや性格などをうかがいます。

 

――― お客さまの層は?

とても幅広いです。渋谷という土地柄、若い方も多いですね。少人数の家族式から大規模な式まで、

お好きなコンセプトで挙式できるのも「LAGUNAVEIL ATELIER」の魅力のひとつだと思います。

 

――― この店舗ならではの特徴はありますか。

他の会場と比較すると、結婚式の数は多いです。なので、姉妹店からのヘルプスタッフも多く、「初めまして」のスタッフでチームを編成することもあります。

新しいメンバーに仕事の流れを教えながら働く機会も多く、コミュニケーションの取り方などは他会場とは違う部分だと思います。

 

2021_0805_0027.jpg

 

――― 正社員への登用などもありますか?

はい。インターン生の社員登用もありますし、ブライダル業界への就職の手伝いは全力でサポートしたいと考えています。

こうした現場で働くことで仕事の喜びも大変さも知ることができると思います。働いていく中で苦しい状況はあると思いますが、

それを知ったうえで働き続けているということが就職活動では大きな武器になると思います。

 

続いて、インターン生として活躍する蔦木沙良さんにインタビューしました。

【トータルビューティ基礎科1年生 蔦木沙良さん】

 

2021_0805_0051.jpg

 

――― いつからインターンとして働いていますか?

2021年の5月からです。

 

――― なぜ、インターンに挑戦したのですか。

ブライダル業界に興味があったから。実際のお仕事を体験できるといいなと思いました。

 

――― 一日のタイムスケジュールを教えてください。

「クローク担当」なのか、式場でのサービスを行う「バンケット担当」なのかでも変わります。

平均的には……大体朝9時から10時に出勤します。服装は自由ですが、露出が少ないコーデにしています。メイクは清潔感があって華美でなければ大丈夫です。

「クローク担当」の場合は制服に着替えたら、お荷物を預かる業務を行います。また、1階のエントランスに立ち、ゲストの方を会場まで誘導します。

30分交代なので、10時半に誘導を終えて、クロークでお荷物をお預かりしたり、待合室で待たれているゲストにドリンクを提供したりします。

ゲストが挙式に移動されたら、片付けを行います。

1日に3-4件の挙式が行われる日もあるので、そのときはまた新しいゲストをお迎えします。この流れの繰り返しですね。

 

2021_0805_0100.jpg

 

――― どんなときに、やりがいを感じますか?

ドリンクやお食事をお出しする「バンケット担当」では、新郎新婦を見られるので、幸せな瞬間に立ち会えます。

すごく大変だけれど、とても幸せそうなおふたりを見ると「素敵だな」と感動しますし疲れが吹っ飛びます。

エントランスですと新郎新婦は見られませんが、なかには優しいご来賓のゲストが「暑いのに大変だね」と声を掛けてくれることも。

そうした一言にとても励まされています。

 

2021_0805_0069.jpg

 

――― 大変さを感じるときは?

夏は、昼の時間帯は影が無くなるのですごく暑いです。たまにですが遅れてしまう方がいらっしゃるので、その場合はその方がいらっしゃるまでずっとエントランスで待っています。

今年は酷暑なので、特に暑いですね。

 

――― なるほど。飲食店やアパレルなどさまざまな選択肢があったと思いますが、ブライダルのインターンを選ばれた理由は?

学校を選ぶときも、ブライダルの専門学校とヴィーナスアカデミーで迷うくらいブライダル業界に興味がありました。なのでインターンで実際の仕事を体験してみたかったんです。

実際に働いてみて、素敵な空間と時間に立ち会うことができます。お仕事で、幸せな瞬間に関係できるので、後輩にもオススメしたいです。

 

2021_0805_0075.jpg

 

2021_0805_0053.jpg

 

――― なるほど。ヴィーナスアカデミーの生活はいかがですか?

ヘアの授業とメイクの授業が好きです。実際の現場で活躍しているプロ講師が教えてくれるので、ヴィーナスアカデミーを選んで良かったと思います。

入学時は何になりたいか決まっていませんでしたが、色んな授業を学べるので視野が広がって将来なりたいことが明確になると思います。

私もインターンをしてイメージが掴めたので、ブライダルのヘアメイクさんも視野に入れて就職活動する予定です。

 

2021_0805_0045.jpg

 

――― ありがとうございます。最後に、インターンを通して、ご自身の成長を感じますか。

はい!働くまではとても人見知りでしたが、毎日新しいアルバイトやインターンのメンバーに会うので、自然とコミュニケーションが取れるようになりました。

 

現場での実践経験を積むことで視野が広がり、コミュニケーション能力が磨かれたり、将来の目標を考える機会にもなるようです。

山﨑様、蔦木さん、ありがとうございました!

 

2021_0805_0019.jpg

 

前の記事を見る

イベント情報

このエントリーをはてなブックマークに追加